念願だった「感情をメイン」のプログラムへ



こんにちは。

野見山佳奈です。

前回も触れましたが

週末からあるプログラムに参加しています。

初めて足を運ぶ場所に

年齢も性別も職業もまるでバラッバラの知らない人ばかりが集まった空間。

正直わたしにとって

普段会わないようなタイプの人が沢山いて

「あぁ、なんだか近寄りがたいなぁ。」

「話しかけて、大丈夫なのかなぁ。」なんて思いももちろん芽生えてゆきました。

ただ不思議なことに

そんな自分の苦手意識や心配をよそに

話しやすい人ばかり

というか

「なんだ、そんなに怖くないわ。親しみやすいやん。」という印象に変わって行きました。

だから

参加者の人と

それをとても不思議がり

そしてその状況に安堵し合ったのが

印象的でした。


全国50名前後が集まり

主に「感情」について向き合っていく

プログラムなのですが

正直このプログラムに参加するって

なかなかのハードルがあると思います。

ヨガで言えば200時間以上のティーチャーズトレーニングに参加するようなものですね。

だから

参加者の目的は皆んな同じなわけだから

変にちぐはぐな感じが生まれたりするわけでもなく

気が合わないわけがなかった。

さてさて

なんだか序盤が長くなってしまいましたが

初日からリピートしている人をメインにワークが始まり

共感と気づきが生まれてゆきます。

聞いているだけなのに

「感情」にフォーカスを向けているとかなり疲れを感じました。

また詳しくは次回に。

ありがとうございました。


Sito Map
Blog
レビュー
講座依頼
問い合わせ
090-8397-5022